2つのルーターを使いtransix環境を保ちつつ無理矢理ポート開放する

2022.06.14

CATEGORY : 通信

あんみんどうふです。

最近になってルーターをASUS製の「TUF Gaming AX3000」からNEC製の「Aterm WX6000HP」に替えました。1年ちょっとという短い間でしたが・・・。

我が家で契約している光回線はtransixに対応しているのですが、ASUS製ルーターがtransix非対応なためIPv4はPPPoE、IPv6はIPoEという普通過ぎる方法で通信していました。勿論、速度は速いとは言えませんしping(ラグ)は30ms~120msと上下激しめです。

transixとは

「IPv4 over IPv6」技術を使い、混雑の多いIPv4もIPv6として通信できるサービス。
対応しているプロバイダ・モデム・ルーターが限られている。

NEC製の「Aterm WX6000HP」はtransixに対応しており、pingは10ms~20msと素晴らしい数値で安定しています。設定した時あまりにもラグ無くて声出た。

 

劇的な速度改善が見込めるtransixですが、基本的に「ポート開放ができない」という(一部のユーザーにとって)大きな弱点があります。IPアドレスの割り当てが事業者側で行われるので・・・。

ポート開放できないということは即ち、マイクラサーバーが公開できないということです。ついこの前投稿したばかりなのに・・・。

 

 

ん?

transixで通信するルーターでポート開放できないなら、もう一つルーターを用意すればいいのでは?

 

ということで、新しいルーターに出番を取られた「TUF Gaming AX3000」くんを再利用します。

以下のように接続します。

メインルーターをNECルーター、ポート開放用ルーターをASUSルーターとして使うことにしました。
マイクラサーバーのみをポート開放用に有線で接続し、メインルーターとの電波干渉を防ぐためにWi-Fiを無効化しています。

本当はルーター同士を接続してメインルーターからポート開放用ルーターと通信できるようにしたかったのですが、接続する機器全てにデフォルトゲートウェイの設定が必要になり面倒極まりないのでやめました。

 

ポート開放の設定は前の投稿と同じようにしています。

あんみんどうふです。 前回に引き続きマイクラサーバーの備忘録です。今回が最終回です。 前回の投稿はこちら。 http://www.terasol.co.jp/linux/8122 ...

 

静的IPマスカレード設定でPPPoEルーターのIPアドレス・ポート19132・プロトコルUDPで設定

PPPoEルーターのポートフォワーディング設定でマイクラサーバーのIPアドレス・ポート19132・プロトコルUDPで設定

 


 

メインルーターにマイクラサーバーを繋いでいないのでローカル接続はできなくなりましたが、IPv4のグローバルIPアドレスを使えば接続できます。

かなり無理矢理ですがtransix環境を維持しつつポート開放できました。以上。

Pocket