【OZUPLC】第2回 OZUPLC(オズピーエルシー)導入事例① 名古屋伏見地下街

2017.10.19

CATEGORY : 生活

今回はOZUPLC(オズピーエルシー)導入事例をご紹介します。

愛知県名古屋市の「伏見地下街」とweb検索してみると
 ・「立の飲み」はしご酒
 ・立ち飲みパラダイス
 ・今も残る昭和の商店街

ここ2、3年で大きく変貌した伏見地下街との事ですが
地下街通路の照明は全てLEDでOZUPLCシステムが導入されております。

youtubeに関連動画が掲載されているのでご確認ください。

1.通常調光


 通常は照度半分程度に設定しております。
 10段階の調光が可能、常時点灯調光値も任意に設定できます。
 任意にLED全体/LED個別/LEDグループ毎に調光が可能。

2.停電時調光


 停電時調光を行います。
 停電時に店舗出入口のみを明るくし、その他を消灯します。
 伏見地下街では、非常時発生には非常用バッテリー
 に切り替わりますのでLED調光バッテリーの容量を
 長持ちできます。

3.緊急時調光


 緊急時調光を行います。
 緊急事態が発生した場合に、非常口付近を点滅
 その他を暗くすることで非常口への誘導を行います。
 こちらも伏見地下街では、緊急時発生には非常用バッテリー
 に切り替わりますのでLED調光バッテリーの容量を
 長持ちできます。

次回は「特別養護老人ホーム」導入事例をお知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA