6歳児は果たしてブレイブボードに30分で乗れるのか?

2017.08.31

CATEGORY : 雑記

出典:株式会社ビタミンiファクトリー

缶コーラです。

キャンプ場で最近よく見かけるようになったブレイブボード。身体のバランスを使いながらボードに乗って、スケートボードのように地面を蹴らなくても進むことができるアレです。

先日、うちの双子たちが6歳の誕生日を迎え、その時に嫁と誕生日プレゼントの話になりこのブレイブボードを買うことに決まりました。

ついでに私の誕生日が5日後だったので同じく自分用のブレイブボードも購入(笑)

ブレイブボードの種類

ブレイブボードを購入する前に実際の商品を見てみようと、トイザらスとドン・キホーテに行ってみましたが値段がピンキリでしかも似たような見た目なのに名前も値段も違って、どれを買えばいいのか迷ってしまいました。

調べたところブレイブボードには類似品が多々あるとのこと。どうせな正規品が欲しかったので調べることに。

日本での正規代理店はビタミンiファクトリーというところでそこから出ているブレイブボードは6種類
・リップスター
・リップスティック
・ブライト
・リップスティックエア
・リップスティックG
・リップスティックネオ

もう一か所正規代理店がラングスジャパンからは
・リップスティックデラックス
・リップスティックデラックスミニ

あとは類似品として
・Sボード
・Jボード

ってのがあり、ドン・キホーテで私が見たのはこのSボードだと思われます。

見た目がどれも結構似ているので混乱します。

商品到着

本当は誕生日に渡したかったんですけど、わけあって娘の誕生日当日にポチったので誕生日から遅れること2日、無事商品到着。

今回私が購入したのはこの2種類。

リップスティックデラックスミニ

サイズ:長さ68cm×高さ12cm×幅22cm
本体重量:2.05kg
耐荷重:79kg
カラー:8種(ピースグリーン、サーキットオレンジ、サーキットネイビー、ナンバーブラック、ナンバーブルー、ピース、レッド、ブラック、ブルー)
価格:10,260円(税込)

これを6歳の娘用に2つ。
リップスターに比べてベアリングが高性能になり、体の動きがダイレクトに本体へ伝って乗りやすさと安全性が向上されたモデルで、今までになかったダンパー(衝撃吸収材)が搭載されて滑走路面の凸凹による振動を吸収して安定性が向上されてます。

リップスティックデラックス

サイズ:長さ86.3cm×高さ12.7cm×幅22.9cm
本体重量:3.4kg
耐荷重:100kg
カラー:8種(ニュース、レッド、ブルー、ブラック)
価格:16,200円(税込)

色んなパーツがスチールからアルミに変更されて軽量化されているので色んな技がやりやすくなってます。

いざ実践

届いたブレイブボードの箱の横に体対象年齢(8歳以上)となってたけど、まぁ大丈夫だべ。ってことで早速実践させました。

因みにビタミンiファクトリーの方で購入すると「30分で乗れるDVD」と「盗難保証」が付いてくるらしいです。

私が先に乗ってみましたが、始めはウィール2個しか付いてないって、バランスとるの結構むずかしいんだべが?とか思ってましたが、やってみるとわかるんですが自転車と同じです

止まってる状態でバランスとるのは難しいけどスピードが出てると簡単にバランスが取れます。

特にスノーボードとかスケートボード、サーフィンをやったことがある人なら横乗りの感覚が一緒ですので簡単に乗れると思います。

ただ、これを子供たちに教えるのが難しい

結局YouTubeで乗り方を調べてその通りに教えます。

が、子どもの手を掴んで支えてあげるとそれに頼って自分でバランスを取ろうしないのでこれじゃあいつまで経っても乗れないなと思い、緩やかな坂に連れて行き勝手に進むボードの上でバランスを取らせることに。

すると

ここまでバランスを取れるようになれば後は漕ぎ方を教えるだけです。

購入してから2日程(時間的に2時間)で自分で漕いで進めるようになりました。結果として、30歳のおっさんは5分で乗れたけど6歳児は2時間くらいかかるよ!ということでした。

てな感じでまた今度!へばっ!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA