【スプレー塗装】愛用のツーバーナーをリメイクしてみた。

2018.08.03

CATEGORY : 雑記

どーも缶コーラです。

前回の津軽森のキャンプの後にも岩木の青少年スポーツセンターでキャンプをしたんですが、楽しすぎて写真を撮るのを忘れたので、今回はそのキャンプの為にリメイクしたツーバーナーをご披露しようと思います。

25年前のキャプテンスタッグツーバーナー

私が使用してるツーバーナーは、私の奥さんのお父さんが25年前に購入したものですが、これといった特別なメンテナンスもしなくても25年以上故障もなく使えている素晴らしいギアです。

使用後はタオルで汚れを拭き取るぐらいしかしてないのに、こんなに持つなんて・・・。

➀塗装の前処理

そんなCSのツーバーナーですが、故障はしてないけど錆が目立ってきたし、色も変えたいと思っていたので思い切ってリメイクすることにしました。

とこれもビフォー写真を撮り忘れてました。

元の姿はこれにところどころ錆を付けた感じでイメージしてください(笑)

出典:Amazon

これを古い塗装を錆ごと電動サンダーで削り、金属部分が見えてきたらそこからは手作業。

サンドペーパーと金属たわしを使って細かい部分(角っことか)を削っていきます。

➁プライマー塗装

次に、スプレーのノリが良くなるようにプライマーを塗っていきますが、これは薄く塗った方が良いみたいです。

私は2回に分けて薄く塗装しました。

➂本塗り

前の工程で塗ったプライマーが乾燥したらいよいよ本塗りです。

これも塗装がタレないように、15㎝~20㎝ほど離して薄くむらなく塗っていきます。これを全面に15分間隔で3回程塗装を繰り返します。

ここで乾燥するまでひたすら待つんですが、スプレー缶には上塗りまでの時間2時間となってましたが、2時間後に触った時はまだベタついてたので、丸1日乾燥させました。

➃上塗り

乾燥後ツヤと耐久性を持たせるためにクリヤーを塗装しますがこれも本塗りと同じように塗っていきます。

一度目の乾燥後は、サンドペーパーの1000番で凸凹をなくしていき、二度目の乾燥後は2000番で磨いて完成です。

そうして完成したツーバーナーがこちら

中はこんな感じ

初めて金属のスプレー塗装をしたので、だいぶ時間がかかりましたが、自己満足できるぐらいの出来にはなったので良しとします。

塗装に関してはかける手間と時間によって仕上がりのツヤや耐久性が変わってくるので、自分が満足できるクオリティに仕上がるまで頑張ってみてください。

へばっ!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA